Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

箱根外輪山ウォーキング1

このところ無理なウォーキングをしていなかった。
なので、やってみた。
トレランとかいうのが流行っており、箱根外輪山一周 55Km を一日で走るらしい。
ならば私は二日で歩くっ。
7:45 箱根登山鉄道箱根湯本駅から出発した。
111108_01.jpg



111108_02.jpg
駅を出てすぐにこんな標識が。
いきなり 21% の上りって、手荒い歓迎である。







石段を登り (左) 、阿弥陀寺の横から登る (中) 。
111108_04.jpg111108_05.jpg111108_06.jpg
自信はないが、大丈夫らしい (右) 。
第一の難関は、塔ノ峰までの急坂を1時間で登り切ること。

111108_07.jpg
8:34 2.2Km 付近、塔ノ峰まであと 15 分らしい。
思いの外近いようだ。







111108_08.jpg111108_09.jpg

8:44 塔ノ峰着、近かった。
10 分早着、イケルかも。






111108_10.jpg
この春に登った明星ヶ岳へ。
この辺は余裕で歩けるはずだ。







111108_13s.jpg
ちょっと景色が開けた。
よく見ると、小田原あたりの海が見えている。







111108_14.jpg111108_16.jpg
一旦、林道 (?) 、舗装道を歩き
再び山道へ。







111108_18s.jpg
山道でよく見る看板である。
が…







111108_20.jpg
『この水切り』が見当たらない。








111108_21.jpg111108_22.jpg

9:43 あと 30 分か。
何か倒れてますけど。






111108_23.jpg
10:10 何ヶ月振りかの明星ヶ岳着。
19 分早着、余裕かも。







111108_25.jpg
春に諦めた明神ヶ岳に向かう。
95 分かかるらしい。







111108_29.jpg
大丈夫なのだろうか、ガスだか雲だかがかかっている。








111108_31.jpg
緩い下り坂に落ち葉がたくさん落ちている。
今日未明に降った雨で濡れており、滑りやすい。
コケたら結構滑って行けそう。






新たな看板発見 (左) 、立ち入り禁止らしい (中) 。
111108_32.jpg111108_34.jpg111108_33.jpg
入りたいとは思わない (右) 。

111108_37.jpg
10:44 あと 45 分らしい。
半分くらい来たのか。







111108_40.jpg
山行なので覚悟はしていたが、コレはちょっと辛い。








111108_42.jpg
あと 10 分。








111108_43.jpg
11:25 34 分早着、余裕シャクシャク。








111108_44.jpg
絶景かな絶景かな … 真っ白で何も見えない。








111108_46.jpg
金時山まで 130 分らしい。
結構人が多かった。
十数人が思い思いのお弁当を食べている。
日ごろ私は食料を持たないが、今回は山行なので用意した。





111108_46a.jpg
SNICKERS である。
美味かったぁ。相当疲れてたのね。
が、それ以降ナッツが歯の間に挟まって気になって仕様がなかった。






111108_47.jpg
開けた場所で、やはり真っ白。








111108_52.jpg
折れたの?。








竹のトンネルに見えるが、両側は崖 (左) 。
111108_56.jpg111108_58.jpg
ん~長い登り (右) 。

111108_59.jpg
金時山は雲の中。行けるのか?。








111108_61.jpg
12:45 あと1時間らしい。








111108_63.jpg
何故ここで下りなのかっ。
あとの登りを考えると悲しくなる。
第二の難関、金時山登頂。
それさえ過ぎれば、ほぼ下りのみ。





PL法対策なのか (左) 。
111108_68.jpg111108_69.jpg
看板の後の登山道 (右) 。

13:58 金時山到着。 10 分遅延 (左) 、真っ白 (中) 。
111108_74.jpg111108_72.jpg111108_73.jpg
お食事中の方すら霞んで見える (右) 。
30 分以上早かったのに、10 分の遅れとは…。
金時山の上り結構しんどかったからな。
休憩はパスして乙女峠に向かう。

111108_76.jpg
あと 10 分か…、マズイな。
どうする… ? 。







111108_78.jpg
14:54 乙女峠に到着。32 分の遅延である。








乙女峠である (左) 。
111108_80.jpg111108_81.jpg
進むべきか反るべきか (右) 。


現在 30 分遅れている。
単純計算でこのまま行くと、目的地到着も 30 分遅れとなる。
いや、増延するに決まっている。
上りは石がゴロゴロ木の根っこがワサワサなので 1Km/h で計算。
が、下りは上りの遅れを取り戻すべく 5Km/h で計算していた。
マヌケである。下りだって石ゴロの根っこワサなのは当たり前なのである。
そんな速度出るわけがないのである。
増延は必至、例えこれ以上遅延が無くても日が暮れる。
無理だった。山をナメたらあかんのである。

戦略的撤退と云えばカッコイイが、要するに棄権である。

直進を諦め (左) 、
111108_83.jpg111108_84.jpg
棄権路 (エスケープロード) を下ることにした (右) 。

111108_87.jpg
15:36 なんとか国道 138 号線に出ることが出来た。
バスがあるはずだ。
上手くいけば、予定通りに桃源台に着くはずだ。






111108_88.jpg
バス停発見。あと 15 分ほどでバスが来る。








111108_89.jpg
時刻だけ予定通り桃源台に到着。
思いっきり敗北感に苛まれながら宿に向かった。







宿での夕食にて。
鉄板焼きのコースを選択。ネットの口コミで、シェフと楽しい語らいが出来ると書いてあったから。
果たしてそれは叶えられた。つーかレストラン貸切状態。他の客、結構いたはずだけど…。
ちょっと落ち着かないが、気を使ってくれたシェフとの会話で盛り上がった。
揚げ句、『あとグラス半分だけワインって頼めますか』 と無茶振りすると、
ボーイさんが「ちょうどこれで最後ですから、サービスです」と、ボトルに残ったワインをついでくれた。
おいしかったし、シェフには重々お礼を云って部屋に戻った。

20.572Km を 7時間 54 分で歩いたので、表定速度は 2.6Km/h であった。
計画時の 2.7Km/h を下回ってしまった。仕方あるまい。

111108m.jpg

111108g.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

どんぴん

Author:どんぴん
基本的には酔っ払い。
応用しても酔っ払い。
所詮私は酔っ払い。
最近あんまり酔ってない。

最近の記事+コメント

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。