Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

高尾山を下ってみた(失敗)

昨年、高尾山に登った時に思っていた。次に来た時には、あっちに行こうと。
(あっちとは、山頂から西に進み小仏城山経由相模湖に抜けるルート)
なので行ってみた。

120204_01.jpg
タイトルにある通り、下ってみるのであって
登りは列車で済ます。
高尾登山電鉄清滝駅に停車中のケーブルカー車内より撮影。
この時点で、だいたい想像出来ていたが…。













120204_03.jpg
8:40 高尾山驛から出発。
正しくは、ここから山頂まで少し登るのだが
細かいことは気にしない事にする。







左:9:06 山頂に到着~ ♪ 。ご覧の通り、十分に雪が残っている。
右:富士山もきれいに見えている。
120204_08.jpg120204_09.jpg

真新しい看板を発見 ! 。
120204_12.jpg稲荷山コースは通らないものの、ビビる。
山をナメたらあかん事は知っている。
なのでカバンの中には、万一の際に備えて
ひと晩ならビバーク出来る用具が入っている。
しかしながら、目的がウォーキングなので
クツはウォーキングシューズだったりするのである。
↑この時点でナメているとしか云えないのだが…。



とりあえず、下山道を探ってみた。
すぐに見つかったのだが、凍っているのか ? もう少し先まで見通せないものかと
ウロウロしていたら、目の前を下山するお兄さん発見。
ちゃんとした登山スタイルである。

と、

ズルッと滑ったかと思ったらタッタッタッタッターっと脚を逆回転させて
まるで漫画のように尻餅をついた。
山歩きをしていれば、これくらいは時々見かけることである。
だが、彼は尻餅をついた姿勢のまま登山道を 5m ほど滑落してから止まったのである。

出発から約 30 分、はいっ、おしまい、終了です、無理です、やめます、お疲れ様でしたっ。




120204_14.jpg
9:46 下りのケーブルカー車内にて撮影。
知らなかったのだが、ケーブルカーにも警笛が付いていた。
『ぺっ』という間抜けな音がしたので前を見ると
保線の人(?) が線路脇に立っていた。





さてどうしたものか…。
タイトルは『下ってみた』なのだが、今回のメインは下った後にある。
距離が短いので下山と併せただけである。迂回するしかあるまい。

120204m_01s.jpg
山頂から西 (左) の赤線のコースを通る予定だったが
一旦高尾駅まで戻り、中央線ひと駅目の相模湖駅で下車。
そこから徒歩で下山予定地に向かうことにした。






120204_15.jpg
さて、10:31 相模湖駅から再スタート。
なんか最近来たことある駅だな…。







120204_16.jpg
R20 を東向きに歩き








10:56 下山予定地に到着。時間だけで見ると 10 分ほど遅れている。
左:城山への案内看板、右:写真奥から手前に歩いて来る予定だった。
120204_17.jpg120204_18.jpg

そして、左:この信号を右斜めに進む、右:こんな標識が (ここは終点) 。
120204_19.jpg120204_20.jpg

120204_22.jpg
こんな青看があるが、直進する。








左:ここも直進し、右:11:25 そのスジでは有名なオリに到着。もちろん直進する。
120204_24.jpg120204_25.jpg

左:ほぼ水没し、機能してないかもしれないダムが見える。
中:道はこんな感じ。
右:興奮のあまり、2 つ目のオリを越えてしまってから振り返って撮影。
(写真左下のガードレールの切れ目から崖側に身を乗り出してオリを避けるしかないので戻る勇気ナシ)
120204_26.jpg120204_27.jpg120204_28.jpg

11:32 左:小さいがきれいな滝と、ボロ階段に到着 (ここも有名) 。
右:その辺りの道路の状況。
120204_31.jpg120204_32.jpg

120204_34.jpg
いよいよ道は、こんなんなって来た。
帰宅後気付いたのだが、右側の木が
「ひゃー」と云って後ろに倒れそうな人に
見えるのは気のせいだろうか…。





左:その後もこんな道が続き
中:なんか黒っぽいところが…
右:気づかずにハマッたら死ねるな、多分。
120204_38.jpg120204_39.jpg120204_40.jpg
更に同じような状況が何度か続き
120204_44.jpg120204_45.jpg

11:54 左:反対側のオリに到着、無事生還できた。
右:このゲートを抜ければ、去年の夏に一度歩いた道だ(記事にはしてないが)。
120204_50.jpg120204_52.jpg

120204_54.jpg
ちょっと待て、何故ゲートが閉まっている ?
半年前は通れたはずだが…。







120204_58.jpg
コイツらのせいらしい。
確かに、これで車だと危ないわな。







120204_61.jpg

ま、当然だが反対側のゲートも閉まっていた。







左:そして始点に到着 (こっちには標識がない) 。
右:写真左側から歩いて来た、このあと写真右奥に進む。
120204_62.jpg120204_63.jpg

120204_64.jpg
一応ツッコミ。
上の右側の写真の拡大だが
何のためかが書いてない。






左:津久井湖城山公園で休憩後
右:13:04 城山高校前バス停に到着。ここからバスで帰りましたとさ。
120204_70.jpg120204_72.jpg


120204m_02s.jpg

途中列車移動したので、表定速度表記なし。
今回も、思っていたより楽 (?) だった (かなり緊張したけど) 。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

どんぴん

Author:どんぴん
基本的には酔っ払い。
応用しても酔っ払い。
所詮私は酔っ払い。
最近あんまり酔ってない。

最近の記事+コメント

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。