Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

鋸山林道をウォーキング

120521m1s.jpg
今年に入ってからの軌跡を見てみると
ブツブツ途切れているので、つなぐことにした。







120521_004.jpg
ちょっと違う角度から撮ってみた。
こっちから撮ると、いつもの看板が見えることが分かった。
8:21 予定より 20 分ほど早く、奥多摩駅を出発。











120521_007.jpg
先ずはR411を南西に向かう。








120521_011.jpg
青看に従い、都 184 に進む・・・
のではなく、その手前を左折する。







120521_013.jpg
大ダワ・鋸山 登山口 [鋸山林道]とあるので
この道を進む。







左:8:40 程なくして、関係車両以外通行止めの標識。でもゲートやバリは見当たらない。
右:鋸山林道概要。
120521_018.jpg120521_019.jpg

左:つづら折りの道を進む。遥か上方にこの後歩くはずの道(ガードレール)が見える。
右:見上げてた場所を見下ろしてみる(その間わずか3分)。
120521_022.jpg120521_025.jpg

120521_026.jpg
時々視界が開けると
こんな感じで、景色は良い。







120521_028.jpg
路肩注意の標識・・・。
標識の状態になったら・・・
既に転落するしかないのではないか…。






120521_027.jpg
転落した車の状態を示す標識発見。
路肩を見失って転落すると
つづら折りの下の道に落ちて
落石注意になるらしい…。





120521_031.jpg
山々を望む景色は雄大だが
あと5歩進むと谷底に落ちて行ける。







120521_035.jpg
ガードレールではなく
ガードワイヤーなところは
かなり腰が引ける。






120521_039.jpg
9:33 さっき歩いていた道が
遥か下方に見える。
もう、これ以上ガードレールに寄る
勇気がなかった。





左:9:55 峠が近づいてきた。やはり車が止まっている。
中:え~っと、これって歩道に立ててある看板ですよね…。
右:峠の公衆トイレに到着。少し休憩する。
120521_041.jpg120521_042.jpg120521_043.jpg

左:太陽光発電している近代的公衆トイレ。夜も煌々と照明が灯いているのだろうか。
右:中を覗いてみると…、夏用と冬用は何が違うのだろうか…?
120521_048.jpg120521_050.jpg

左:下りになって、標識(?)発見。最初は、保安林かと思ったのだが
右:地味過ぎる。危険を知らせる標識なので、もっと主張してはくれまいか。
左に戻って:…、しかも急カーブなのにガードレールが途切れているのは何故?
120521_051.jpg120521_052.jpg

左:また何か標識を発見した。
右:「路肩弱し」… お前の方が弱しだと思うぞ。
120521_058.jpg120521_059.jpg

120521_064.jpg
下りも視界が開けると、いい眺め。
何でガードレール切れてんだろ?
ここは、あと3歩で真っ逆さまなのだが…。






120521_066.jpg
だぁかぁらぁ、ガードレールではなく
ガードワイヤーなところは、腰が引けるんだってば。







120521_074.jpg
こっちも、つづら的なヘアピンカーブあり。








左:またまた何か標識を発見した。
右:「警笛鳴らせ」… 四角バージョン(しかも真新しい!)感動ものである。
120521_075.jpg120521_076.jpg

120521_078.jpg
落石がネットをはみ出している場所に遭遇。








120521_079.jpg
そのトラ柵の重しは『落石』。
わびさびとでも云おうか…。







左:反対側にはゲートっぽい物があった。右:振り返って撮影。
120521_081.jpg120521_082.jpg
まとめ。
鋸山林道は歩きやすい。
標高もあるので、視界が開ければ結構いい景色が楽しめる。
今回のように南下するのがお勧め。
北上すると前半沢沿いの登りがキツそう。

120521_083.jpg
11:03 本日最初のトンネルが見えて来た。
…が、何かが違う。







120521_086.jpg
地図上ではトンネルは直線で 20m ほどのはずだが
真っ暗で出口も見えない。長いのか?
この幅で対向車が来たらアウトではないかっ。
ひとつ上の写真では、右に道がありそうなので
巻けるかどうか覗いてみた。




120521_085.jpg
沢に降りる道があり …









嫌ああぁぁぁぁぁ、道があるぅぅぅぅぅぅぅ。

何で道があるんだっ、ここを進むのかっ。
落ち着け。
落ちても死ぬことはなさそうだが、岩があるし捻挫くらいは覚悟が必要か。
まだ全行程の1/3しか歩いていない。
怪我しないとしても水につかるのはどうか … 。
見通せる先に、道が続いているとは限らない。
行き止まりだったら戻って来なければならないのは堪える。
トンネル突入決定。

120521_087.jpg
抜けてみれば、それほど長くなかった。
ただカーブは結構きつかった。







左:沢の方を見てみると、確かに道は続いていた。
右:アップで見ると … キツそう。
120521_088.jpg120521_089.jpg

120521_094.jpg
沢沿いに下り
11:29 都 205 に出た。
左折し、東に向かう。






更に都 33 に出て東進。
120521_101.jpg120521_102.jpg120521_103.jpg

左:青看で、わざわざ旧道を案内しているのはなぜ。
右:旧道 細っ。
120521_107.jpg120521_109.jpg

120521_111.jpg
13:36 武蔵五日市駅が見えて来た。
駅前までいったら軌跡がつながるので
ここに戻って来て南下する。






左:次のトンネルが見えて来た。コレは長いので巻きたい。
右:左の歩行者専用標識側に山を越える予定だったのだが、今日は歩みが遅い。
予定よりは早く歩いているのだが、移動平均速度がいつもより遅い。
120521_115.jpg120521_116.jpg

120521_117.jpg
なので、トンネルに突入。
幸い車歩分離されている。







120521_121.jpg
この先右折し都 61 に。








120521_125.jpg
次のトンネルは長くないので
そのまま突入。







左:その次も長くないのだが、幅員減少の標識が見えたので巻くことにした。
右:巻いた先で CAUTION付き注意標識発見。
120521_129.jpg120521_130.jpg

120521_132.jpg
16:17 高尾駅に到着。








120521m2s.jpg120521gs.jpg

峠までの登りで 6Km/h を割っているせいで、移動平均速度が低く感じていたらしい。
42.592Km を 7:56 で歩いたので、表定速度は 5.37Km/h となった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

どんぴん

Author:どんぴん
基本的には酔っ払い。
応用しても酔っ払い。
所詮私は酔っ払い。
最近あんまり酔ってない。

最近の記事+コメント

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。