Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

峠を二つ越えてみた

130404_001.jpg
ウォーキングの発着駅に何度も利用している藤野駅。
いつもと違う角度から撮ってみた。
30Km 程度で、久々の山越えである。
8:32 藤野駅を出発したのは、予定より 15 分以上遅れていた。







130404_003.jpg
藤野駅を出てすぐ東に沢井隧道がある。
地図上でも 300m 以上あるのに、めちゃ狭い。
(Googleマップで入口のみ写真がある)
これを避けるべく山道を歩く予定だったのだが
何せ 15 分遅れているので、突入してみることにした。



130404_004.jpg
幅員狭し・ベコベコな高さ制限 … 。
隧道内歩道有りとの看板がある。
前を歩いていた人が何の躊躇もなく入って行ったので
ツケてみることに … 。





左:入ってすぐ狭くなっている。何故わざわざ狭くするのか?
中:軽自動車が追い抜いて行ったが、この幅である。
右:普通車だとこうなる。これでも県道 522 号線なのだが … 。
130404_005.jpg130404_006.jpg130404_007.jpg

130404_008.jpg
隧道を出てすぐに通行規制の標識。
コレを見ないとウォーキングじゃない気がするのは
何故だろうか … 。何かが違う。






左:この先の丁字路から県道 521 号になる。
右:右に曲がると最初の目的地、和田峠。
130404_012.jpg130404_013.jpg

左:県道 521 号になっても一車線だったりする。
右:二車線になったりしながら … 。
130404_014.jpg130404_019.jpg

130404_020.jpg
ありゃりゃ、県道ではなかったか?
和田峠を越えて八王子付近までが 521 号のはず。
重複区間(?)なのだろうか … 。






左: 9:43 それっぽくなってきた。
中:勾配 12 %登場。
右:九十九折れで高度を稼ぐ。
130404_022.jpg130404_023.jpg130404_024.jpg

130404_025.jpg
やすらぎの小径とのことだが
矢印の方を見ると …






130404_026.jpg
やすらぎと云うより息切れ … 。







130404_029.jpg
10:00 この写真の中に富士山が写っているが
手前の枝にピントが合っているので分かりづらい。
相変わらずデジカメの使い方が分かっていない。





130404_030.jpg
勾配 13 %登りと桜の花。
この写真は割とうまく撮れたと思っている。






130404_034.jpg
10:13 和田峠に到着。出発から 9.6Km 付近。
何とか遅れを取り戻し、予定より2分遅延。
登りなのに時間を稼いだので、予定通り休憩。






ここから醍醐林道に入る。 ヘビ・ハチ注意!!の看板もあるが、人通りがないはずなので熊鈴モドキを装着。
130404_035.jpg130404_036.jpg130404_037.jpg

130404_039.jpg
ん ~ いい感じの道。
もう少し登ったら、ひとまず下りだ。






130404_045.jpg
ひとつめのピークに到着。
とってもレアな標識を発見。
タイヤ痕がクロスしていない。
これこそ 『滑りやすい』 のあるべき姿。
さっき見たの と比較して欲しい。
やはり林道は標識天国だ(大袈裟)。


130404_048.jpg
真新しい警笛鳴らせの標識。
ちょっと残念だが、標識と補助標識が
一体化したのは珍しいのかも … 。






下りになったら道が荒れ始めた。
結構大きな石が落ちてるし、断面を見ると新品っぽい。結構ヤバゲである。
130404_047.jpg130404_053.jpg

130404_061.jpg
バリがあったので振り返ると
このマークは人も入っちゃダメ?
反対側には無かったのに … 。






左:醍醐林道の始点。漢字表記はボロボロだが、DAIGOが残っているのが見て取れる。
右:その先のゲート。
130404_063.jpg130404_064.jpg


130404_067.jpg
11:29 そろそろ、また登りになる頃だ。
そこを左折して橋を渡る。







橋を渡ると盆堀林道の起点だ。盆堀って 「ボンボリ」 って読むのね。
130404_068.jpg130404_069.jpg

ここでも正統派「スリップ注意」と補助一体の「警笛鳴らせ」が。
130404_072.jpg130404_073.jpg

130404_076.jpg
なんか、ゆる~い手書きの看板があり
… と思ったら本気の伐採・搬出作業中で
通るのに、ちょっと気を使ってしまった。





130404_080.jpg
12:02 本来なら本日唯一のトンネルに遭遇。
地図上では 100m 程度だが、林道のトンネルなので
照明もないだろうし … と、夜行装備を持参したが
ハッキリ出口が見えているし、そのまま突入。




130404_082.jpg
難なく通過した(振り返って撮影)。
予定より7分ほど早いので、少し休憩。






130404_086.jpg
写真では分かりづらいが
伐採された山肌は見通しがいいだけに
逆に怖い。落ちたら逝く。





130404_092.jpg
12:29 入山峠に到着。
ほぼ定刻なので、ここでも休憩。






130404_093.jpg
振り返るとやはり通行止め。
入口には、そんな表示はなかった。
何故だ … 。





130404_102.jpg
下り道で、後ろから音がする。
カンッカンッゴッ
カコンッカンッザサッ
落石防止ネットの中に落ちる石の音である。
これにはビビッた。




左:開いたゲートを通過。
右:盆堀林道の起点に到着(振り返って撮影)。アレ? さっき も起点だったような。
130404_108.jpg130404_109.jpg

130404_111.jpg
『子供とび出し注意』の看板があるが
どこから子供が飛び出すのか見てみたい。







左:この歩道はダメでせう。右:この高さでこの低い欄干だもの。
130404_114.jpg130404_115.jpg

130404_116.jpg
14:00 あと 1.8Km で最終目的地だ。
が、前半飛ばし過ぎたためか膝が痛む。
久しぶりの山越えで筋肉に来るかと思っていたが
膝関節に来た。





130404_117.jpg
14:17 武蔵五日市駅に到着。
ここも行きつけだが同じような構図で撮ってしまった。







130404m.jpg
130404g.jpg

32.121Km を 5:45 で歩いたので、表定速度は 5.59Km/h となった。
ふた山越えたにもかかわらず、こんなもんならマズマズだろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

どんぴん

Author:どんぴん
基本的には酔っ払い。
応用しても酔っ払い。
所詮私は酔っ払い。
最近あんまり酔ってない。

最近の記事+コメント

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。