Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

結果としてひと駅分ウォーキング

130812_001.jpg
R 246 から山側を見ると、山肌を
トラバースするガードレールが見える。
あそこを歩いてみたいなと思っていたが
なかなか行く機会がなかったので、行ってみることにした。
7:23 前回の目的地である渋沢駅を出発。










130812_002.jpg
先ずは北進、そして水無川に沿って北西へ。
表丹沢林道を終点から起点へ向かう目論見である。
その後は状況に応じて判断する。






8:07 秦野戸川公園に到着。5分休憩の予定なので、缶ジュースを飲んだり山歩き仕様に変更したりと忙しい。
暑さに辟易しながら出発すると、少しして立派な橋があるが通り過ぎる。
130812_003.jpg130812_004.jpg

130812_005.jpg
まだまだだ。
通行注意であって、通行止めではない。






130812_009.jpg
… と、一枚の看板で4つの標識を
示すというフルコース並みの注意喚起。
これに勾配標識があれば完璧だが。
山の西側を北上しているので、直射日光を受けることなく
進むことが出来る。




何が言いたいのか? 何故ここに落ちているのか? こんな人通りのない場所で宣伝行為があった。
ちなみに裏面を見る勇気はなかったので『色々アツい』理由は分からなかった。
130812_013.jpg130812_014.jpg

9:02 いよいよ表丹沢林道の終点に到着。起点に向かって約8Kmの林道を歩く。
130812_020.jpg130812_021.jpg130812_022.jpg

130812_026.jpg
恒例の、何があったのか ?
標識が倒れているだけでなく
こんな風に埋もれているのって
始めて見たかも … 。





アレ? もうゲート? 萩山林道や登山道の交差点らしい。すぐにまたゲートがあった。
130812_030.jpg130812_032.jpg130812_035.jpg

9:51 また登山道が横切っている。左:ふもと方面、右:山頂方面。登山じゃなくてよかった。
130812_046.jpg130812_047.jpg

ちょくちょくこんな場面が現れるが、歩きやすい道だ。そういえば勾配標識を見ていない。
130812_064.jpg130812_071.jpg

130812_073.jpg
時々見かけるのだが、落石注意の標識に
散弾銃で撃たれたような穴が … 。
なぜかいつも落石注意なのだ。
何か理由があるのだろうか。





10:41 起点側に到着。季節さえ間違えなければ、ほどよいウォーキングコースである。
ちなみに今回は間違いである。暑すぎた。
130812_075.jpg130812_076.jpg

左:ココからしばらくは県 70 号を下る。中:以前、ヤビツ峠越えした時にも通った道だ。
その時はココを右に下ったが、今日は直進。右:シカが出ますか … 。
130812_078.jpg130812_085.jpg130812_086.jpg

11:27 いよいよ到着。このまま県 70 号を下るか、左折して山に戻るか判断の時だ。
下るということは、また登らなければならなくなる。既に行程の半分を過ぎているが
まだお昼前だ。天気もほどほどに良い。行ける、左折を選択した。春岳沢を越えて
春岳林道に向かう予定だ。
130812_087.jpg130812_088.jpg130812_089.jpg

130812_090.jpg
すぐに簡易ゲートがあった。
が、とりあえず車一台分の道幅はある。
舗装もされているので大丈夫。






130812_092.jpg
舗装がなくなり、もっと簡易ゲート。
アレレ? 地図上では沢の手前まで
2本線の道路だったはず。
まぁ通れるから進むが。





130812_096.jpg
普通に登山道なのだが
これで2本線の道路なのか。
1本線どころか破線の道では。






12:07 何か見えた。ちょっと待て、橋だとっ!分岐を見落としたか?
地図上ではココから破線の道になるので、無理だったらこの橋を渡って一旦下るための退避路に設定していた場所だ。
130812_098.jpg130812_099.jpg
少し戻ってみたが分岐などない … 。

130812_100.jpg
橋を渡ってみたが登れるような道はない。
軽く途方に暮れてみたもののないものはない。
無念だが下ることにした。






130812_100m.jpg
枠内の青矢印が予定していたルート。
沢沿いの破線を登って越えるか
道なりに沢を短絡するつもりだった。
赤や黄色の線が実際の軌跡。





130812_101.jpg
ココは想定通りの山道なので
スタスタと歩く、肩を落としながら。







12:25 ほらぁ県 70 号に戻っちゃったぢゃないか。蓑毛バス停で脱力の休憩。
さっき(11:27)「このまま県 70 号を下るか、左折して山に戻るか判断の時だ。」と
考えた時、”このまま下って”いれば 10 分程の場所である。
130812_102.jpg130812_104.jpg

130812_107.jpg
もうやめたっ。帰るっ。
暑いし、雲が出て来たし、暑いし。
(暑いを2回云っている)
町に出てきて思った。
風が熱い、溶けるか腐るか枯れる。




130812_110.jpg
この場合、何字路ありなのか?








130812_118.jpg
ゔ~駅はまだか~。








130812_121.jpg
本当に水のない水無川を渡れば
あと少しで駅だ。







130812_123.jpg
13:44 秦野駅に到着。
振り返ると山の方には
黒い雲が見える。
帰ってきて正解かも。





130812m.jpg
130812g.jpg

30.426Km を 6:21 で歩いたので、表定速度は 4.79Km/h となった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

どんぴん

Author:どんぴん
基本的には酔っ払い。
応用しても酔っ払い。
所詮私は酔っ払い。
最近あんまり酔ってない。

最近の記事+コメント

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。